天文

一瞬ではなく数秒間輝きながら落ちる人工流れ星の完成間近?

投稿日:

jinkonagareboshi
ベンチャー企業「ALE(エール)」という会社が人工流れ星を作っている。嘘のようだが、すでに相模原市の宇宙航空研究開発機構(JAXA)の実験室での実験では成功しており、完成は夢ではないという。エールの岡島礼奈さんという女性が発案して、開発の中心になっているという。

流れ星は宇宙のチリが地球に落ちてくる時に摩擦熱で燃えて光る仕組み。なんとなくそれなりに大きな隕石が燃えて輝いているのかと思いきや、チリの大きさは数ミリから数センチ程度なんだそうだ。重さも1円玉より軽いものがほとんどで、明るい流星でも10gほどの重さ。

ただし、流星の速度はとてつもなく早く、1秒間に40kmという驚異的なスピードに達する。秒速40kmなので、時速にすると1万4400kmだというから半端ない。その圧倒的な速度で明るく輝くのだという。

エールが研究しているのは、その流れ星の元になる粒。金属、好物、本物の隕石など様々なもので、粒の密度や材質を工夫し、より明るく輝くように開発していった。現時点で当初のものより20倍は明るくなって、もっとも明るい恒星であるマイナス1.5等のシリウスの輝きに近づいたという。また、炎色反応の利用して、流れ星に色を付ける実験も試しているようだ。この当たりは日本のお家芸である花火職人なんかの力も借りると、より派手な流れ星を作れるようになるかもしれない。

あとはその粒をよりたくさん小型の人工衛星に詰め込み、よりベストな場所でばらまくというわけだ。人工衛星は猛スピードで地球を周回しているため、粒を放出するタイミングは見たい場所の真上ではなく、三分の一周手前でなくてはならないらしい。日本で見るためなら南極上空で放出するのがベストタイミングとのこと。

人工流れ星は人工衛星から落とすため、宇宙の彼方から流れてくるリアルな流れ星に速度ではかなわない。その分、地上から輝いて見える時間も一瞬ではなく、数秒になるという利点がある。願い事をお願いする時間も十分になっていいかも・・・と思いつつ人工的なのじゃご利益は薄そうだ。


こちらがプロモーション動画

-天文
-,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.