デジタルグッズ ビジネス

iPhone6に搭載されたNFCでApple Payとは何か?

更新日:

iPhone6
iPhone6が発売されましたね。新機能の中で注目されているのがNFCの搭載と、Apple Payと呼ばれているアップルの独自の決済システムで、日本でいうところのおさいふケータイ機能です。

新型iPhoneにはNFCが搭載されており、これにより何か買い物に行った時にお店の端末にiPhoneをかざすだけで支払いが完了するというシステムです。日本でもAndroidスマホではもう実装されていますし、スマホではなくSuicaなどでお馴染みですね。どうやらこのようなシステムは海外ではあまり一般的ではなく、特に米国ではほとんど普及していないようなので、これまでアップルもあまり積極的ではなかったようです。しかし、いよいよ搭載されたことでこのジャンルで一気に世界制覇を狙おうとう魂胆に違いありません。

NFCとは近距離無線通信技術の国際規格で、いくつかの規格に分かれています。日本ではソニーが開発したFeliCaがSuicaやEdyなど幅広く普及しています。まだ確定していないのですが、iPhone6にはどうやらFeliCaとは違うNFCが搭載されているようです。Appleは独自規格大好きですからね。

だからこそ、iPhone6らしさは存分に発揮されています。まず、iPhone6内に取り込むクレジットカード情報はカードを新しいiSightカメラで撮影すればOK。情報は暗号化されてiPhone内に保存され、Touch IDと呼ばれる指紋認証機能で守られるのでセキュリティも確保。店舗での買い物などは一回限りの取引番号を生成することでカード情報をお店には渡さない。ちなみにApple側もカード情報を保持せず、買い物履歴はどこにも残らないらしいです(クレジットカード会社には残ると思うが・・・)。

またいくつかのクレジットカードを登録しておき、買い物によって支払いカードも選べるらしいです。ポイントを貯めるためにいろいろ選びたいですからね。さらに、万が一iPhoneを落としたりなくしたりしても「iPhoneを探す」機能でApple Pay機能を止めることが可能です。

applepay

という具合で、普及していない海外では目新しいことなのかもしれませんが、日本では馴染みなんでさっさと導入して欲しいのですが、まずは今年の10月に米国でスタートし、日本はその後のようです。スタート時、マクドナルド、スターバックス、サブウェイ、トイザらスなどのApple Pay導入が決定しています。日本スタート時にはぜひともSuicaのような交通系決済にも対応して欲しいのですがどうなるだろ。FeliCaもiPhone6も同じNFCなので、少しの改造で使えるようになると素人考えですが思うのです。また、当然日本市場も見据えているだろうから、きっと使えるようになると決まったからiPhone6に搭載したと思われます。

というか、同じようなシステムを10年以上前のガラケー時代に達成していた日本は進みすぎていましたね。

-デジタルグッズ, ビジネス
-, , , , , ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.