芸能

末期の薬物中毒者ASKAだが妻・八島洋子は離婚せず

投稿日:

ASKA

覚せい剤取締法違反(所持・使用)罪でASKA(本名・宮崎重明・56歳)の判決公判が行われ、懲役3年、執行猶予4年が言い渡された。ASKAは家族と一緒に人として立ち直る、ということを誓ったようだ。不倫が確実であることもバレたが妻の元アナウンサー・洋子さんも離婚はせず夫を支えていくようだ。

初公判では栩内香澄美被告(37歳)を「大事な存在」と言っていたはずなのに、ここにきてASKAが家族を、妻を選んだのはなぜだろうか。

栩内被告がASKAをフォローすることなく自分の保身に走っているのでASKAの気持ちが冷めてしまったのかもしれないし、ずっと病院で薬物治療をする自分をサポートしてくれる妻への愛情が復活したのかもしれない。

そもそも栩内被告は自分では覚醒剤を使っておらず、知らないうちにASKAに打たれたみたいなことを言っているが本当のところはどうなのだろうか。確か覚醒剤は他人に使用すると、この程度の量刑ではすまないほど重くなると思うのだが・・・。

yoko

ただ、妻の洋子さんが警察にASKAを捕まえてくれと言っていたように、どんな状態になっても離婚せずASKAと共に生きていきたいという気持ちは最初から持っていたのだろう。素晴らしい夫婦愛です。

いずれにせよ、今回の騒動でミュージシャンでもある長男・宮崎奏(1987年生まれ)、長女・宮崎薫(1989年生まれ)にも多大な迷惑をかけているので、早く家族とともに更正してもらいたいと願っています。
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20120109/Cyzowoman_201201_post_4972.html
宮崎薫がエイベックスよりデビューする時のニュース

これだけ力のあるミュージシャンなのだから、少ししたらきっと復帰できるはず。ただ、今回は不倫的なものも同時に出てきたらから世間の風はいつも以上に冷たい気がする。あと心配なのは薬物入手ルートをゲロっていることですね。シャバに出てきてから普通に歩くのが怖いんじゃないかねぇ・・・。

-芸能
-, , , ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.