錦織圭

全豪オープンテニス2015日程決定 錦織圭は1月20日初戦の予定

投稿日:

zengo-open

いよいよ2015年のグランドスラムが開始する。現在世界ランキング5位の錦織圭がどこまで順位を上げるのかと共に、日本人初のグランドスラム制覇なるかどうかにも注目したい。

今年の全豪オープンのドロー表(組み合わせトーナメント表)はwowowのが詳しいのでリンク。
http://www.wowow.co.jp/sports/tennis/australia2015/tournament_single_men.html
錦織圭は第5シードで初戦の相手はニコラス・アルマグロ(Nicolás Almagro)というスペインの選手。29歳で身長183cm、体重81kg、世界ランキングは現在67位(過去最上位は9位)。錦織圭は過去に2度対戦しており、1勝1敗の戦績。直近では2013年の楽天ジャパンオープンで敗れており世界ランキングでは格下だが、決して油断できない相手だ。

Nicolás Almagro

初戦の日程は1月20日と発表されたが、時間帯までは正確にわかっていない。今回はwowowだけでなく、NHKが放送することも決まっている。噂では5億円という放映料を支払ったらしいのでしっかり見てやりたい。

ところで、テニスのグランドスラムとは「全豪オープン」「全仏オープン」「ウィンブルドン選手権」「全米オープン」の4つの国際大会を指す。ウィンブルドン選手権はイギリスのウィンブルドンで行われるので「全英オープン」と呼ばれることもあるが、ここは歴史も一番古く格式が上なのであえて他とは違って「ウィンブルドン選手権」と呼ばれている。

4大国際大会はルール上はどの大会も同格なのだが、全豪オープンだけはちょっとだけ格下と見る人もいる。20世紀にスタートしたというもっとも浅い歴史が主な理由だが、それでも100周年を超えているのだからすごい。20世紀になってから様々な大会がグランドスラムに追いつこうとしたが、いずれも格式では追いついていない。

全豪オープンには面白いルールがある。外気温が35度を上回ると主審が試合開始時間を遅らせることができる「エクストリーム・ヒート・ポリシー」と呼ばれるルールがあるのだ。日本では寒い1月だが、南半球のオーストラリアは現在真夏なので、こんなルールが作られたのだ。なお、全豪オープンが行われるハイセンス・アリーナとロッド・レーバー・アリーナという2つのコートは屋根が開閉式となっており、条件を満たした場合には屋根を閉めてゲームが行われることもある。

この全豪オープンの特殊ルールのため、NHKは放送時間をどうしようかとやきもきしているらしい。そうでなくても放送時間が読めないテニスの試合。3時間を超えるようなとんでもなく長いゲームもあれば、1時間ちょっとで終わってしまうこともあり、なかなか難しい。ゲームの途中で打ち切りでもしようものなら、NHKにクレームが殺到するだろう。そこで今回NHKはEテレでの生放送するかもしれないということだ。高校野球のように、NHK総合とEテレをうまく交互に使えば途中にニュース番組も入れられるし、長丁場の試合でもなんとかなるのではないか。CMがないというのもNHK最大の利点を活かしてうまく放送してもらいたいところだ。

全豪オープンの最近の戦績は2010年がロジャー・フェデラー、2011年から2013年まで3年連続でノバク・ジョコビッチ、昨年の2014年は スタニスラス・ワウリンカが優勝している。錦織圭が2015年優勝者に名を連ねることを期待したい。

-錦織圭
-, ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.