芸能

歌唱王2014優勝の小豆澤英輝は昭和歌謡を愛する中学3年生

投稿日:

azukizawa

歌唱王2014年優勝に輝いたのは島根県在住、中学3年生の小豆澤英輝君だ。昨年準優勝して、とても悔しかったらしく、今回は毎日1時間は必ず練習して臨んだのだという。その努力が見事花開いた。


本人がアップしているyoutubeチャンネル。沢田研二の「勝手にしやがれ」の動画がyoutubeにあったが、中学2年とは思えない色っぽさ。一体この歌い方はなんなのか! たった14年しか生きていないとは思えぬ情感たっぷりの歌い方。


こちらは布施明の「霧の摩周湖」。47歳のオッサンでもリアルタイムでは知らない曲だが、見事に歌いこなしている。

ネットではこの歌声があのルックスから出てくるギャップが「最高!」派と「残念!」派があるようで、島根県のスーザン・ボイルなどというニックネームも付いているようだ。

島根県といえば今年は錦織圭で決まりだが、年末にきて小豆澤英輝が歌唱王で優勝したということは、将来は小豆澤君がメジャーデビューして、スターダムをのし上がっていくのかもしれない。

それよりもオッサンが注目していたのは審査員のNOKKOだ。あのレベッカのボーカルだ。こんなバラエティー番組に出ているなんてびっくり。つーか、もっとコメントして欲しかった。

-芸能
-, , , , , , , ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.