事件・事故

三重県テント内で暖を取るため練炭 小2の溝口ティアラちゃんCO2中毒

投稿日:

613D-qQjBJL._SL1200_

父親は狭い密室で練炭を焚く危険性を知っていたのか? まったくの無知だったのか? 様々な疑問が残る。

三重県南伊勢町五ケ所浦の民家でテント内に居た一家4人がCO2中毒で病院に運ばれる事件があった。

この家族はお手軽にキャンプ気分を味わうためだろうか、10月9日自宅敷地内にテントを張っていたそうだ。午後10時頃、寒くなったのかテント内で練炭を焚いた。

10月10日午前5時頃、父親の溝口秀樹さん(44歳)がトイレに行くため自宅へ戻った。が、どうもその時に意識を失ってしまったそうだ。トイレを済ませた後なのか、済ませる前なのか、その当たりはまだわからない。

その後、午後5時頃意識を回復し、テントを確認したところ、妻(43歳)、長女(7歳)、次女(3歳)が倒れているところを発見。救急車を呼び病院へ搬送したが、次女のティアラちゃんは一酸化炭素中毒で亡くなってしまった。妻と長女は命に別条はないそうだ。

それにしても、なぜ練炭なのか。今回は3人が生き残り、証言しているので大丈夫だが、もしも一家4人が死んでしまったら、明らかに無理心中と判断されてもおかしくないような状態だ。

父親も母親も無知だったのだろうか・・・。

自宅でテントを張りその中で寝泊まりするのは手軽にアウトドア気分を楽しめるので、一部で流行っているようだが、この事件を教訓に間違ってもテント内で練炭やストーブなどを焚かないよう、注意喚起してほしい。

-事件・事故
-, ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.