事件・事故

中大生LINE詐欺事件 被害者は弱みを握られていた?

投稿日:

LINE
中央大学法学部に通う大学生が投資詐欺を起こしたとされる事件。まだ逮捕には至っておらず、大学生の名前なども報道されていない。

事件の内容は、男子大学生(21歳)が女子大生(21歳)に中国から代理店を通さず携帯電話ケースを販売するという儲け話をLINEを使って誘ったというもの。安定して月に25万円稼げるともちかけ、最初は5万円を女学生に支払わせた。

「絶対儲かる」「もしも月に15万円しか稼げなくても20万円は支払う」などと言って執拗に誘ったらしい。その後もたびたび女学生に金を払わせ、女学生が計13回合計68万円を支払ったという。その後も催促は止まらず、女学生が資金がなくなったことを伝えると消費者金融での借り入れや女学生名義のクレジットカードを作らされた。そのカードで57万円もの不正使用されてしまったという。また、別の慶応大学生も被害にあっており、その慶大生は約30万円の被害。

中大生は、事業のためにお金を借りただけで詐欺をしたつもりはないと語っているらしい。六本木のタワーマンションに住み、ポルシェを所有。父親は外交官で、オジは警視総監だと友人達には語っていたらしい。ようするに金持ちアピールをしていたわけだな。実際に詐欺った数十万円は手元にあるわけだから、大学生にしては羽振りのいい生活をしていたのかもしれない。

いずれ全貌が明らかになるだろうが、その時はこの女学生も叩かれるだろうな・・・。いくらなんでも13回も振込をするというのは異常。普通ならもっと手前で気付くはずだ。なんらかの弱みを握られていたのか、それとも色恋沙汰だったのかな。

そもそも、中大生LINE詐欺事件と名付けられているが、LINEはあまり関係ないような気がする。単なる伝達手段としてLINEを使っていたに過ぎないわけだし・・・既読が付くからどうこうというような事件内容でもなさそうだし。

-事件・事故
-, ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.