スポーツ 錦織圭

錦織圭全豪日程 4回戦相手はフェレール 1月26日昼12時以降放送

投稿日:

錦織圭の次の相手と日程が決まった。次はお馴染みの対戦相手、ダビド・フェレール(スペイン)だ。 1982年4月2日生まれの32歳。175cm、75kgとテニス選手としては小柄だが過去世界ランキング3位まで登りつめた試合巧者(現在のATPランキングは第9位)。バツグンのスタミナと巧みなストロークが持ち味だ。

試合は1月26日と決まったが、開始時刻は例によって決まっておらず現時点では14時以降(日本時間で正午以降)とだけ発表されている。

錦織圭とフェレールの対戦は過去に9回あり、錦織圭が6勝3敗と勝ち越しており、しかも昨年は4戦4勝と負けなし。しかし、勝った4試合がいずれもフルセットまでもつれ込んでおり、簡単には勝てない相手という印象だ。

錦織圭と同じくストローク戦を得意としているフェレールだが、錦織とは少しタイプが異なる。錦織圭はストローク戦から速い展開に持ち込むのに対し、フェレールは長いラリーで相手のミスを誘うタイプ。しかも、フェレールは豊富なスタミナを持ち、また不利な状況でも諦めないタフな精神力を持っているのが手強い。

松岡修造はフェレールを「どんなことがあっても闘志むき出しにプレイする『小さなバイキング』」と分析しているほど。つまりメンタル面での強さが勝敗を左右するゲームとなりそうだ。そして、昨年4連敗しているフェレールが何も対策せず昨年と同じような攻め方をしてくるとは思えない。きっと今年は何らかの錦織対策を行ってくるだろう。

錦織圭はこれまでの3試合でかなり疲れが溜まっていると思われる。ただ、錦織圭も昨年とは異なりサーブの質がかなり向上。安易にストローク戦にせず、サーブでビシビシ決めていく試合運びを期待したい。

ここで勝てばベスト8。その次はおそらくワウリンカと当たるだろう。きっちりフェレールに勝ち、日本人初のグランドスラム制覇を成し遂げてほしい。

-スポーツ, 錦織圭
-, , , ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.