芸能

橋本環奈が初主演する「卒業・セーラー服と機関銃 その後」とは?

投稿日:

hashimoto-kanna

千年に一度の美少女と呼ばれた橋本環奈の映画初主演作品が発表された。80年代に薬師丸ひろ子が演じて大ヒットした「セーラー服と機関銃」だ。

ただし、あの映画まんまではなく、あのストーリーのその後を描いた「卒業・セーラー服と機関銃その後」という作品となる。こちらはまだ映画化されたことはない。

「卒業・セーラー服と機関銃その後」はいったいどんな作品なのか、Amazon他書評のレビューを見てみると、「セーラー服と機関銃」で一旦けりがついた星泉は普通の高校生に戻るが、卒業をひかけた頃、地上げにかかわるトラブルからまた騒動に巻き込まれ、解散した目高組を1日だけ復活させる。当時の組員や近所の住民など、前作品に登場した人物も続々出てきて大騒動。組長もセーラー服に機関銃を構えて・・・という作品のようだ。

レビューではなかなか高評価で、映画の原作にもってこいとも書かれていたが、なぜかこれまでは映画化されてこなかったようだ。

初代「セーラー服と機関銃」は映画化の後、テレビドラマ化もされ、1982年には原田知世が主演、2006年には長澤まさみが主演とそれぞれの当時のビッグアイドルが演じている。橋本環奈に星泉組長が合うかどうかはちょっと不安だが、楽しみであることは確か。ショートカットにするのか、キスシーンなどはあるのか、ちょっとセクシーなシーンなどがあるのか、主題歌を歌うのか、などなどいろいろと興味深い。

ネットでは「セーラー服と機関銃」ではなく、「時をかける少女」の方がマッチするとか、「パンツの穴」の方がいいとか「ねらわれた学園」だろ、などといろいろ言われているが、選んでいる作品のラインナップを見るとどう考えても私と同じ世代(40代)のオッサン連中なのがおかしい。

-芸能
-,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.