クルマ

ホンダS660を2割増産 八千代工業・四日市製作所フル稼働で納期短縮

投稿日:

s660

ホンダの軽スポーツカーS660が売れている。S660はホンダの子会社八千代工業・四日市製作所で1日40台作られているがあまりの売れ行きに、納車が押せ押せになっており、今すぐに注文しても届くのは来年の1月~3月と言われている。

そもそも1日40台という設定は、3月に量産を発表した際にホンダが月間800台という販売を予測したことに基づいている。いい意味で予想が外れたため、かなりのバックオーダーを抱える自体となったわけだ。

「もっと早く!」の声を受けて日産台数を2割アップし、1日48台製作することにしたようだ。これで多少は早く手元に届くようになりそうだ。

ところでホンダ子会社の八千代工業だが、公式サイトを見るとあなどれない技術力の会社であることがわかった。設立は1953 年 8 月 27 日と古く、昔からホンダの軽自動車を作り続けている。軽のハイトワゴンのはしりでもあるステップバンやS660の前身とも言えるビートなども八千代工業が作っている。今回のS660製作にも軽オープンでありながら剛性を高める技術などをふんだんに盛り込んでいる。

また、車両本体だけでなく、陸上競技用の車椅子レーサーや福祉車両、キャンピングカー用品など技術とノウハウを活かした製品を多数販売しているようだ。

S660は日本の狭い道でも楽しめるサイズのスポーツカーとして今後ますます路上で見かけることが多くなりそうだ。

-クルマ
-, ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.