事件・事故

野口愛永さん生き埋め事件における飲食店勤務という表現

投稿日:

e-thumd4470

無職の井出裕輝容疑者(20)と飲食店勤務の中野翔太容疑者(20)が野口愛永さんをクルマで連れ去り、暴行して埋めたという事件だが、その後殺害状況が明らかになってきた。

事件前に井手と中野がホームセンターで結束バンドとガムテープを購入していたことなどから事件に計画性があることがわかった。また、埋めた穴もクルマで連れ去る前にあらかじめ掘ってあったようだ。まさに最初から殺すつもりだったのだろう。そういえばつい先日も9歳の女児を結束バンドで拘束して逮捕されたやつがいるな・・・こうやって報道されるとまた真似するやつが出てくるんだろうな・・・。

口には靴下を詰め込み、ガムテープで口をふさぎ、両腕を結束バンドで拘束。この状態にしたのは、連れ去った車内であるようだ。そこで、根性焼きを入れたり、ボコボコに殴ったりして、事前に掘ってあった穴に正座状態で生き埋めにしたようだ。鬼畜の所業なので、20歳の二人は無期懲役刑が相応しいし、本当の主犯である18歳の少女も成人と同じような刑が望ましい。

ところで、やはり今回も加害者や被害者が飲食店勤務と報道されているが、ネットの情報などからホストクラブと風俗店勤務であるのは間違いないようだ。

外国人が「どうして日本の殺人事件の被害者や加害者に飲食店勤務が多いのか?」と言っていたが、これは風俗店勤務という言葉を回避するためだろう。テレビのニュースなので、「被害者はデリヘル嬢」とか「加害者は風俗店勤務」なんてアナウンサーが言ってしまったら、例えば我が家のように社会に興味を持ちだした小学生の子供が「パパ、デリヘル嬢ってなに?」とか「風俗店ってどんなお店?」なんて質問をしてくるに違いないので、今後もこのあいまいな表現を使い続けて欲しいと願うのである。ただし、町の定食屋さんなどの飲食店勤務の人が事件に巻き込まれたらその人が実は風俗店だったのかな・・・なんて憶測が流れてしまって困るんではないかな・・・。

-事件・事故
-, , , ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.