イスラム国

性のジハードとは? イスラム国に参加する女性続々

更新日:

isis-women

イスラム教スンニ派の過激派組織イスラム国に参加する若い女性が欧米から続々と出ているらしい。ネットでサイトを見て自ら志願したり、勧誘されたり、その理由は様々。イスラム国に入ったら、戦闘員の婚約者となったり、「ジハーディスト」(聖戦主義者)となっているようだ。

本来イスラム教は日本人から見ると強烈な男尊女卑の教えで、イスラム教徒の女性は前線で戦うことは禁じられているが、自爆攻撃は許されているという。なんだか都合がいい気がする・・・。

欧米の中でもイギリス女性とフランス女性が多いようだ。彼女らで女性部隊「アル・ハンサ」が結成され、警察のような働きをしている。イスラム教では厳しい女性の服装に関する取り締まりなどを任務としているようで、肌の露出が多い女性に声を掛けたりして注意する仕事だと思われる(テレビでそんなシーンを見たことがある)。最初は口頭注意だが、それでもダメな場合は厳罰すると言っていた。恐ろしい。

イスラム国は6月にクルド人少数派ヤジディ教徒を迫害し、ヤジディ教からイスラム教への改宗を迫り、拒否したものを殺害していた。さらにヤジディ教徒の女性を性奴隷にしているとも伝えられている。こんなめちゃくちゃなイスラム教の教えはないと思うのだが、今回の欧米から来た女性たちがイスラム国の戦闘員と性的関係を持つことは「性のジハード(聖戦)」として奨励されているようだ。

そのうちに日本からもイスラム国に参加する若者が出てきそうな気がする。閉塞感のある日本よりもイスラム国の方が魅力的に見える若者はきっといる。もしかしたら、もう存在しているのかもしれない。イスラム国に拘束されている湯川遥菜氏の情報はまったくなく、どうなっているかが心配される。

-イスラム国
-, , , ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.