事件・事故

19歳の女子高生でもアウト? JKのビジネス規制強化へ

投稿日:

jk-Business

「JKビジネス」 規制強化へ有識者会議が開かれたとNHKが報道している。大学教授や弁護士など5名が会合したそうだ。

警視庁の茂垣之雄生活安全部長はいまだに制服を着た女子高生が街に立ってチラシを配っていると懸念。都内ではこういうJKビジネスの店がいまだに増え続けいてて最近では無店舗型の店も増えているとか。

今後はどのような店を規制するのか、もしくは届け出制にする等、新たな条例の制定に向けて議論を進めていくそうだ。

NHKでは独自に現場の女の子に話を聞いている。JKカフェで働く19歳の女子高生にも話を聞いていて、怖い目にあったことがある、ストーカーになった客がいた、けど給料がいい、などとインタビューに答えているが、ちょっと待った!

19歳女子高生ってなんだ? 留年したのか? 定時制なのか? というか、19歳の女の子がカフェで働くのは違法なのか? もう突っ込みどころが満載だ。

JKビジネスを営む経営者の談話もあったが、現在都内では18歳未満のいわゆるJK(女子高生)を雇っている店はほとんどないそうだ。18歳未満を雇っている店は超短期で逃げる気マンマンの違法店で、一応それなりに続いている店はきちんと18歳以上の偽JKを雇用して経営しているとか。

いわゆるJKビジネスというのは、女子高生の制服を着たお店、という業態のようだが、上にも出てきたように、19歳でも制服を着ていたらアウトなのだろうか? 例え普通の喫茶店のウェイトレスであってもJKを売りにした時点でアウトなのか?

マクドナルドで女子高生が働くのはOKで、制服を着た19歳の女の子が働く喫茶店はアウトなのか? 

もちろん、街中に制服を着た女の子がウロウロとチラシを配るのは、東京オリンピックも控えているし、最近は外国人旅行客も増えているので規制してもいいとは思うが、きちんと条例などで決めてほしいところだ。

-事件・事故
-, ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.