イスラム国

イスラム国の人質ジョン・キャントリーが動画で英米を非難

更新日:

john-cantlie
イスラム国が新たな動画を公開し、新たな戦略を見せつけた。これまでは人質をむごたらしく斬首した動画を公開してきたが今回は人質のイギリス人ジャーナリスト、ジョン・キャントリーに机に座らせ落ち着いた言葉で話をさせている。

ジョン・キャントリーは「イギリス政府に見捨てられた今、失うものはなにもない」 と前置きした上で
語る。欧米のメディアがイスラム国の真実を「ゆがめて操り」「大衆を奈落へ落とそう」としていると。

ジョン・キャントリーは今後数回に分けてイスラム国の主張を代弁するのではないかと予想されている。こちらではイスラム国の残虐シーン動画ばかりがクローズアップされるが、実はイスラム国もそんな動画ばかり公開しているのではなく、穏健な動画も公開している。

この広報戦略こそがイスラム国の強みでもあり、世界中からイスラム国のために闘うという傭兵を集める秘策でもある。

ジャーナリスト、ジョン・キャントリーが今後の動画でどんなことを発言するのか注目したい。

-イスラム国
-, ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.