事件・事故

自宅浴槽下から包丁が見つかる君野康弘容疑者

更新日:

yokusou

冤罪ではないか、ハメられているのではないか、という噂も絶えない神戸女児死体遺棄事件の君野康弘容疑者だが、黙秘している間に着々と証拠が出てきている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141003-00000610-san-soci
なかなか見つからなかった凶器と思われる包丁が住んでいたアパートの浴槽下から見つかったらしい。浴槽下ってどこだよ!と思ったが、上図のようなユニットバスの全面パネルなどを外すと現れる内側のどこかに上手いこと隠せばすぐには見つからないだろう。それにしてもいろいろ知恵が回る犯罪者である。そういえば、当初は知的障害者ということがアピールされていたが、最近はちっとも知的障害者である、という報道がなされなくなった。やはりインチキで養育手帳をゲットしたのではないだろうか。

君野康弘氏がなぜ黙秘しているのかはわからないが、そろそろ証拠だけでも十分なものが揃ってきていると言えよう。すでに、生田美玲ちゃんのリュックも発見され、浴室からは生田美玲ちゃんの血液も見つかっている。

最後は生田美玲ちゃんの胴体さえ見つかればいいのだが、それがアパートになく、野外にあるとすればかなり腐敗が進みいろいろな証拠を見つけるのが難しいかもしれない。考えたくないが、いわゆる胴体部分の内部からは君野康弘容疑者のDNAが見つかるかもしれないのだ。それが出たら完全に詰みなので、胴体だけは何か別の方法で隠しているのかもしれない。

それにしても逮捕からずいぶん経ってからいろいろなものが発見されるあたり、神戸県警は無能すぎなのではないだろうか。それとも最初に全部見つけていたけど、マスコミに小出しにしていたのだろうか。

まだまだ黙秘も続けるとしたら、小出しにいろいろな情報が出てきそうである。

-事件・事故
-, , , , , ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.