事件・事故

茨城県龍ケ崎市長沖町の旧小貝川で星桃花ちゃんボートから転落

投稿日:

HI360022

HI360022

9月22日茨城県龍ケ崎市長沖町の旧小貝川に釣りに来ていた家族のボートから4歳児が転落し、亡くなったという。

ボートは長さ約3.3メートル、幅約1.1メートルのアルミ製で電気式の船外機がついた小型ボート。船尾部分にレジャー用の椅子を1つ載せて、そこに桃花ちゃん(4歳)と弟(2歳)が座っていたところ、後ろ向きに椅子ごと川へ転落したという。

弟は父親が救出したが、桃花ちゃんは行方不明となり、22日午後2時10分頃、消防隊員が発見。病院へ搬送されたが、2時間後に死亡が確認された。

楽しい休日のレジャーがこのような悲劇となり、ご両親には掛ける言葉もないが、なぜ子供たちにライフジャケットを着せなかったのか。今は子供用サイズも豊富にあるし、おしゃれで可愛いデザインのものも多い。

水遊びするときはどんなに短時間であっても、どんなに安全そうに見えても救命胴衣を着せるのは鉄則であるはずなのに・・・。

また、椅子は固定されていなかったのか? そもそも、こんな小さいボートに4歳と2歳の子供をのせるなんて目が離せなくて、おちおち釣りなんて楽しめないのではないか?

いろいろと不備がありすぎて、残念ながら起こるべくして起きた事故のような気がする。

-事件・事故
-, ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.