80年代 芸能

サザン桑田佳祐が紫綬褒章受賞 中島みゆきや松任谷由実もかつて受賞

投稿日:

kuwatakeisuke

2014年秋の褒章受章者が発表され、学術、芸術、スポーツなどで功績を残した人に贈られる紫綬褒章(しじゅほうしょう)にはサザンオールスターズの桑田佳祐など14名が受賞した。他には女優の高畑淳子、棋士の谷川浩司など。

紫綬褒章は2002年の栄典改革により年齢制限が撤廃されたため(それまでは50歳以上だった) 、今年の春にはソチオリンピックで活躍した羽生結弦など若い選手にも贈られるようになった。例年春(4月29日)と秋(11月3日)の2回発令されており、「ミニ文化勲章」とも言われている褒章だ。

桑田佳祐はこれまでも”女呼んでもんで抱いていい気持ち~”という過激な歌詞が話題となった「女呼んでブギ」や下ネタ全開の「マンピーのGスポット」といった下世話な曲もあり、褒章はないのではないか、と言われていたが見事に受賞したようだ。

ちなみにこれまでJ-POP系のミュージシャンでは中島みゆき(2009年)、松任谷由実(2013年)などが紫綬褒章を受賞しているので、桑田佳祐クラスが受賞するのは何ら問題なさそうだ。他にもらいそうでもらっていないのJ-POP系だと吉田拓郎、井上陽水、山下達郎、さだまさし、長渕剛、谷村新司、矢沢永吉などがパッと思いつくが拒否したり、不祥事でもらえなかったりしているのかな・・・。

桑田佳祐は2010年7月に食道がんが見つかり休養した後、見事復活を遂げ、最近では新曲を発表したり、年末の年越しライブを9年ぶりに開催したりとこれまで以上に精力的な活動をしている。今年の年越しライブのタイトルは「ひつじだよ!全員集合!」というもので、恒例の横浜アリーナで開催される。
http://special.sas-fan.net/special/sas2014/
テレビではWOWOWがこのライブを生中継する予定だ。

昨年に開催した『Act Against AIDS 2013 桑田佳祐「昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦」』 も大好評だった。桑田佳祐って昭和歌謡が大好きなんだよねー。曲目も桑田が小さい頃聞いていたタイガースやピンキーとキラーズなどの昭和歌謡から、フォーク、バブル世代曲、最新のJ-POPまで幅広くラインナップ。桑田の歌声で聞いてみたい名曲ばかりだ。

今回の紫綬褒章受賞に関する桑田佳祐の公式コメントはこちら
「この度はこのような由緒正しい章をいただきまして、身に余る光栄であるのはもちろんのこと、私のような者が本当にいただいてしまってよいものかと、非常に驚いております。デビュー以来ずっと目立ちたい一心で、下劣極まりない音楽をやり続けてきた私が、このような高貴な章をいただけるとするならば、そんな音楽を喜んでくださったたくさんのファンの方々と、大衆芸能を導いて来られた数多の偉大なる先達たちのおかげであると、心から感謝いたしております。
これからも、みなさまに喜んでいただける音楽を創り続けていけるよう、日々励んでいく所存です。
日本が、そして世界が平和でありますように。
この度は誠にありがとうございました。」
http://natalie.mu/music/news/130257

-80年代, 芸能
-, , , ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.