クルマ

再販されるランクル70絶好調! 目標販売台数の18倍もの受注

投稿日:

land-cruiser70

期間限定で再販されることになったトヨタのランドクルーザー70の受注状況が凄いことになっている。今回は2015年6月30日までの期間限定で発売されるのだが、当初トヨタ自動車は月販目標台数を200台としていた。それが、8月25日の発表から9月24日時点でなんと約3600台を受注。目標の18倍という数字を叩きだした。

ランクル70は本格派ヘビーデューティ4WDで、あらゆる路面を走破するタフな走行性能とがっしりとした飽きのこないデザインとで、2004年に日本での発売中止となった後も、熱く濃いファンから再販の声が大きかった。なので、今回の再販は待ってました!であるのだが、こんなにも売れるとはトヨタの人も思わなかったのではないか。

landcruiser70-interior
ランクル70インテリア

landcruiser_interior
ランクル200インテリア

ちなみに、ランクル自体が発売中止になったわけではなく、最新モデルのランクルも存在しているが、いかんせん豪華すぎていわゆる家族のユーティリティ・ビークルなんである。その点ランクル70系はインテリアなどはいかにもというしょぼさだが、そこが逆に無骨で男臭くてそそられるのだ。また、豪華になってしまった故に価格も高く、ちょっと手が出しづらかったのも確かだ。

再販されるランクル70ならシンプルな作りで故障も少なく(部品点数が少ない分、故障するような箇所がないとも言える)、新車からずっと乗りつぶしたいと願う若者も多いのではないだろうか。

この手の過去の名車再販ってのが成功するなら、あれもこれも再販して欲しいなぁ・・・などと思うクルマ好きも多いような気もがするが、やっぱりランクル70のような車種でないと難しそうだな。

-クルマ
-, , ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.