事件・事故

品川近視クリニックと錦糸眼科がレーシック後遺症で集団提訴

投稿日:

lasik
いろいろなデメリットが喧伝されながらも、順調に経験者を増やしてきたレーシック手術。おそらくそのほとんどは手術後も良好なのだろうが、一部の医療機関がダメで、レーシックは危険というイメージもついて回っていた。そして今回、品川近視クリニックと錦糸眼科がレーシック手術の後遺症をめぐり集団提訴された。

訴えたのは全国の30歳~60歳代の男女12名で、2006年~13年に手術。「十分なリスクの説明がないまま手術が行われ、後遺症が生じた」などとして、両クリニックを運営する医療法人社団に合計約8000万円の損害賠償を求めている。

2006年の時点でもすでに様々なトラブルがネットを賑わしていたので、ちょっと検索すればいい病院か悪い病院かのリサーチは可能だった気はするが、なかなかネット情報で真贋を見抜くのは難しいいね・・・。実際に両病院でレーシック手術をした人でも全員に問題が出てきたわけではなく、一部の人間に発生いているわけで。「十分なリスクの説明がないまま手術が行われ」って言ってもねぇ・・・ちょっと調べればレーシックにはいろいろなリスクがあるって情報があふれているのだが・・・。

もちろん、きちんと手術しない病院が悪いのは確かなのだが、患者も少しは調べてから行ったほうがよかったのではないか。

あと、レーシック手術って、高額な紹介料があって、患者が別の患者を連れてくるとかなりの紹介料を手にすることができるインターネットのアフィリエイトビジネスやアムウェイ的なネットワークビジネスみたいなところがあるのが気になっていた。ようするにダメ病院だとわかっていても、紹介料欲しさについ自分がかかった病院を紹介しちゃったりしていないだろうか。

-事件・事故
-, , , , , ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.