事件・事故

名大19歳聖ウルスラ学院英智高校時代 同級生に毒を盛り失明さす

投稿日:

oouchi-maria

77歳の女性を斧の刃の裏側で数回殴り、マフラーで首を絞めて殺害した容疑で逮捕されている名古屋大学理学部の19歳の子の狂気が話題になっている。

Twitterでの殺人鬼を賞賛するかのような発言ばかりでなく、その名大理学部生らしい化学の知識で毒物などを自分で調合していたようだ。趣味は「薬品コレクション」というから本物だろう。

宮城県の聖ウルスラ学院英智高校時代卒業であることが明らかになっているが、その高校時代に同級生の男子生徒に毒を飲ませて失明させたという事実があったようだ。

当時の教頭先生は毒のせいかどうかはわからないが、目が見えなくなった生徒はいると話しているので、きっとこの子のせいだろう。失明した男子生徒も彼女から毒を盛られたせいとはこれまで考えていないではないだろうか。もしも知っていたら、とっくに逮捕される案件なわけで、今回の証言で初めて「あぁ、あの子のせいで失明したのか・・・」と気付く可能性が高い。

自分で化学実験し、購入したハムスターに自分で調合した薬品を投与して効果を試していたということを周囲の友人達にも語っている。また、斧は中学生の頃から持っていたとも供述しているらしいので、かなり小さな頃から殺人願望があったのではないだろうか。

しかし、なぜ77歳の女性は斧とマフラーなのだろうか。薬品で殺害する計画はなかったのだろうか。

「人を殺してみたかった」「誰でもよかった」・・・こんな供述をする人間が増えているのが恐ろしい。

-事件・事故
-, , , ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.