事件・事故 国際

MERSが韓国で拡大したのは医療ショッピング文化&お見舞い文化のせい?

投稿日:

MERS

WHOが韓国でMERS(中東呼吸器症候群)が広がっている理由として医療ショッピング文化とお見舞い文化のせいだと指摘したようだ。

医療ショッピング文化とは、より良い治療を求めて複数の病院を巡ることだ。MERSに感染している人があちこちの病院に行ってウィルスをまき散らすことが感染を拡大させているのだろう。ただ、これは韓国に限ったことではないのではないか? 日本でもセカンドオピニオンという言葉も広まっているし、より良い医療を求めるのは、ごくごく当たり前の行為。ただ、医療ショッピングなんていう名前がついているからには、きっと韓国のそれはあまりに度が過ぎているのだろうな。やはり医者としてもあっちこっちに行かれてしまったらやる気もそがれるだろう。腰を据えて医療に集中してもらいたいのが本音だろうし。

お見舞い文化とはその名の通り、患者を親類縁者知人友人が見舞う文化だ。これも韓国だけでなく日本や中国にも当然根付いている文化だ。WHOが指摘するからには、他の欧米の人はお見舞いってしないのかな・・・と思ったがやはり普通にしているようだ。

ただ、韓国のお見舞い文化はちょっと日本人が想像するものとは異なるようだ。

韓国ではひとたび入院した人がいると、次から次へとひっきりなしにお見舞いする人が訪れ、病人が寝ている部屋は病室だか待ち合い部屋だかわからないような混然とした状態になるそうだ。衛生的にも大変よろしくない状態だという。

また、病人のベッドの横には補助ベッドが付いていて、病人の家族(親や子)がそのベッドで一緒に泊まるような文化があるらしいのだ。もちろん、食事もそこでとる。

日本だったら、今回のような空気感染の可能性があるような病人であれば面会謝絶とか隔離とかそのようなことになるはずだが、韓国はそうしなかったのかな・・・確か隔離されていると報道されていたけど、もしかするとMERSの初期はよくわからず、通常の病気と同じようにお見舞いできたのかな・・・。

韓国の情に厚い文化はいいが、さすがに先進国なんだからもう少し理性的に動いてほしいところだ。

-事件・事故, 国際
-,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.