生活

カップヌードル謎肉復活! その正体は豚肉と野菜のミンチだけど

投稿日:

nazoniku
カップヌードルが4月下旬リニューアルすることを13日に発表した。そのリニューアル内容の中でマニアから熱烈歓迎されているのが、「謎肉」の復活だ。

謎肉とは2009年までスタンダードなカップヌードルに入っていた肉のこと。肉なんだけど、その味や食感からなんの肉なのかよくわからず、「これは東南アジアの奥地に住む謎の動物の肉」とか「日清が自社工場で生産しているカップヌードルに入れる肉を取るためだけに開発された生命体の肉」などと噂され、謎肉という称号で呼ばれていた。

謎肉の正体は実は日清食品も公式プレスリリースで明かしており、味付けした豚肉と野菜などを混合してフリーズドライ加工したもの。日清食品では「ダイスミンチ」と呼んでいる。ダイスとはサイコロのことで、立方体形状のためこう名付けたのだろう。

絶妙な味付け具合が一部マニアの人気を誇ったが、2009年により見た目と味の良さを追求して、ダイスミンチは廃止となり「コロ・チャー」という名前の豚肉に変わった。まさにコロコロしたチャーシュー(豚肉)という意味だろう。

2009年以降も「カップヌードルライト」「カップヌードルキング」「スープヌードル」では謎肉ことダイスミンチが使われ続けていたが、レギュラーなカップヌードルから消えたことを惜しむファンは多かったようだ。

そして、2014年4月下旬のリニューアルで謎肉が復活。今回の復活にあたり、様々な具材で消費者実験を行ったようで、ダイスミンチとコロチャーの両方が入ったものが一番満足度が高いという結果が出たようだ。

今のコロチャーも美味いが、前の謎肉も捨てがたい・・・というわけで4月下旬からは両方が入ったカップヌードルが店頭に並ぶ。新しいパッケージは天板デザインが変わり、「具材充実」と書いてあるのでわかりやすいはずだ。

今から新カップヌードルが楽しみだ。早く食べてみたい。

-生活
-, ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.