スポーツ 錦織圭

錦織圭VSパブロ・アンドゥーハル決勝戦 過去の対戦成績は?

投稿日:

Pablo Andujar Alba

バルセロナオープンテニスの決勝戦がいよいよ始まる。錦織圭は準決勝の相手、マルティン・クリザンを6―1、6―2と圧倒し、わずか1時間17分で勝利した。試合後は「調子はいい。攻め方には満足しているし、直すところもない」と自信を見せている。今回は第2セット第4ゲームでエアケイも飛び出すなど間違いなく絶好調であったようだ(エアケイはなんとなく余裕のあるゲームでないと使わないような気がする)。

さて、残すは決勝だが、反対側のトーナメント準決勝で番狂わせが起きた。ダビド・フェレール対パブロ・アンドゥハルでなんとパブロ・アンドゥハルが勝利したのだ。アンドゥーハルは世界ランキング66位の選手で、過去の最高位も33位と微妙な選手である。ただ、今回のバルセロナオープンもノーシードからの勝ちあがりで勢いもあり、クレーコートに強いという実績がある。

アンドゥーハルのプロフィールは以下の通り
出身地:スペイン・クエンカ
現住地:ベルギー・ナミュール
生年月日:1986年1月23日生まれ 29歳
身長:180cm
体重:76kg
利き手:右
バックハンド:両手打ち
ランキング:66位
最高位:33位
今シーズン成績:7勝9敗
キャリア通算成績:106勝150敗
キャリア通算タイトル:3

錦織圭とアンドゥーハルの過去の対戦成績は錦織圭の2勝1敗である。直近では、2014年8月のUSオープン第2回戦で戦っている。その時は錦織圭が6-4で第1セットを取り第2セットも圧倒していたところでアンドゥーハルが途中棄権。錦織圭の勝利となっている。

その前は2013年のマドリード・オープン準々決勝でアンドゥーハルと当たっている。この時もアンドゥーハルは世界ランキング113位と圧倒的に錦織圭(当時15位)より格下だったが、アンドゥーハルの調子が良かったのか、まだ錦織圭も今ほどの安定感もなかったのか3-6、5-7で破れている。

その前は2011年のウィンストンセーラムオープン第2回戦で戦っている。この時は錦織圭が2セット連取で勝利。

2013年のマドリード・オープンでだけ負けているが、その原因と考えられるのがコート。他の2つはハードコートだったが、マドリード・オープンだけはクレーコートだった。

今回のバルセロナオープンもクレーコートだからか、かなりの躍進を見せている。ただし、錦織圭も絶好調なようなので、きっといいゲームを見せてくれるのではないだろうか。2連覇してくれるのが楽しみだ。

-スポーツ, 錦織圭
-, ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.