2014シリア日本人拘束

ISIS関係者へ日本人がツイートしまくりでついに日本語で反応開始

更新日:

e6aa3b16

現時点で生きているのかどうかも含め所在不明の湯川遥菜さんだが、彼を拘束中のISIS(イスラム国)の関係者と思われる人のツイッターアカウントに日本からのツイートが飛びまくっている。

湯川さんが拘束されてすぐの頃、安江塁氏というアラビア語、日本語、英語の通訳者が、ISISの関係者と思われるアカウントに「彼は民間軍事会社のCEOだよ」とリプライを送った。

他の日本人は「湯川さんを殺さないで、彼はスパイでも軍人でもない、善良な一般人」と言っているのにこの発言はまずいだろ・・・というわけで安江氏のツイッター等が大炎上。

 

安江氏も悪気があってツイートしたわけではないようなのだが・・・。

http://kosuke.cc/column/rui-yasue-isis/

「バカな行動をとった安江塁氏に直接色々聞いてみた」

 

その後自分のサイトを更新し、全力謝罪中。

http://irtibat-ry.blogspot.jp/2014/08/blog-post.html

その後安江塁氏だけでなく、様々な日本人が「湯川さんを殺さないで」とかツイートしまくる。アラビア語ができないのはまだしも英語でもなく、日本語のままツイートする人が多いようで、ISISの関係者がついにここを読めとばかりに日本語でつぶやきだした。

ツイッターの出現により、テロリスト側と交渉できるのは政府の関係者だけでなく、一般人にも可能となったようだが、それがいいことなのか悪いことなのか・・・。

 



日本人「彼は医者であって兵士じゃないよ。お願い殺さないで!」
ISIS「フォトショップで加工してんじゃねーか!」

ISISもじゃんじゃん日本から飛んでくるツイートを全て信じているわけではなさそうなのは安心材料のひとつだ。バカではなさそうだ。

しかし、ISISはあくまでもテロリストで善良な団体ではない。つい昨日はアメリカ人が生きたままナイフで惨殺された動画がアップされたようだ。湯川さんの解放へ向け交渉が始まったという報道もある。 うまいこと話が進むといいのだが・・・。

-2014シリア日本人拘束
-, , , , , , ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.