ビジネス

バーガーキング世界3位に! マック、サブウェイに迫る

更新日:

img_menu_hiyw

バーガーキングがティム・ホートンズを買収し、年間売上高約230億ドル、世界100カ国で1万8000店舗強を展開する世界3位のファストフードチェーンとなったそうだ。この買収でバーガーキングの本社はアメリカからカナダに移転するらしく、節税対策もあるのではないかと言われている。

ちなみに店舗数の世界1位はサブウェイで、2位はマクドナルド。売上高だと1位がマックで2位サブウェイだと思っていたが・・・最近は中国産食材の悪影響でマックがかなり売上を落としているというニュースを見たのでよくわからん。

ティム・ホートンズはカナダのコーヒー&ドーナッツチェーン店で日本でいうところのミスタードーナツみたいなものらしい。日本には店舗がないのでまったく知らなかったが、カナダでは超巨大チェーン店のようである。ちょっと食べてみたい。甘いのかな・・・(笑)

ティム・ホートンズと言えば昨年ちょっと話題になった出来事がある。20代の男性がコーヒーとドーナッツを買った後、自分の後に注文されたLサイズのコーヒー500杯分!の代金を自分のデビットカードから支払うよう頼んだという事件だ。その男性の後に来店した客はコーヒーがただで飲めちゃうわけ。宝くじにでも当たったのか、と店長は語っていた。その後もティム・ホートンズでコーヒーを数百杯分前払いする客が続出したそうだ。おかげでこのネタはニュースになり、ティム・ホートンズの売上に貢献。もちろん、ティム・ホートンズは自作自演ではないと言っている。

一度は日本市場から撤退したバーガーキングだが再上陸し復活

バーガーキングはワッパーと呼ばれる大きなハンバーガーが有名。1993年に日本進出し、2001年に一度日本からは撤退している。撤退理由はいろいろあるのだろうが、当時マクドナルドが100円マックという低価格路線を突き進むなどしており、価格を下げられなかったバーガーキングは太刀打ちできなかったのではないかと言われている。けど、モスバーガーは生き残っているので、やはり味だろうな。バーガーキングの味付けはどうもアメリカンで苦手な日本人が多かったんじゃないかと思われる。

2007年から再上陸し、今はうまくいっているようだ。資本が増強されることで日本でも店舗が増えるのかもしれない。北海道、関東、中部、近畿地方には店舗があるが、東北、中国、四国、九州には店舗ゼロ。沖縄はさすがにアメリカ人が多いからから4店舗もある。

けど、ネット民としてはバーガーキングと言えばバイト君がワッパーの上に寝そべった画像をtwitterに投稿して炎上した騒ぎを思い出してしまう。たった一人のバイト君の行為がいちいち思い出されるわけで結構な損失だよな・・・。ティム・ホートンズのように善意の面白ネタが広まるならいいんだけどね・・・。

現在バーガーキングはアボカドバーガーを絶賛売り出し中のようである。youtubeにはその宣伝動画が掲載されているが、動画見ると食いたくなっちゃうんだよねぇ。

-ビジネス
-, , , ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.