事件・事故

京都市上京区の保育園「せいしん幼児園」のプール事故

更新日:

6a74cdc6

またも悲劇が。京都市上京区の保育園「せいしん幼児園」のプールで4歳の男児が亡くなってしまったそうだ。いたたまれない。

プールは約20センチの深さで水が張られ、約30人の園児が遊んでいたそうだ。それを二人の保育士が監視していたという。全員をプールから出す時になって始めて浮いている男児を発見したそうなのだが、途中気が付かなったのかな・・・。上の画像はネットで拾ったものなのでこれがせいしん幼稚園のプールかどうかはわからないが、だいたいこんな感じのプールだったようだ。

このサイズでそれを二人だけでずっと見るのはちょっと目が届かない場所があったかもしれないな。30人も園児がプールでワーワーキャーキャーしてたら、きっと二人の保育士さんは手間のかかるイタズラっ子や大人しくてプールで遊べないような子に目がいってしまうだろうし、中にはプールから出て水の外で駆けまわる子供だっているだろう。だったらなおさら二人で30人の園児を見るなんてことは不可能だ。いつも以上にテンションアゲアゲの園児は犬猫よりも手が付けられないのは明らかだし。

つーか、30人も園児入れるなら、幼稚園としてもそれなりのイベントなのだから、せめて三人とか四人とかプールサイドに張り付いていられなかったのだろうか。

幼稚園プールでの悲劇は毎年のように起こっていて、毎年なんとかならないのかとみんなが思うのだから、そろそろ画期的な防止策ができてもいいんじゃないか。それができるまではもうちょっと監視役の人数を増やすとかなんとかして、この手の悲劇を繰り返さないで欲しいです。プールの日に動けるお母さんが来てもいいけど、それだとちょっと子供たちの中に格差が生まれそうなので、地元の暇そうなおじいちゃんおばあちゃんとかどうだろうか。ただ見てるだけの大人が増えればそれだけでプール事故って防げると思うんだよね。

-事件・事故
-, , , , ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.