80年代 芸能

武田久美子、貝殻愛が強すぎて北海道紋別市ホタテキャンペーンガールに

更新日:

383405b2

武田久美子が北海道紋別市のホタテ貝キャンペーンガールに就任したそうだ。1989年(当時武田久美子21歳)に発売された写真集「My Dear Stephanie」では乳首と股間の3点を貝殻だけで隠すという驚愕の手法で世をアットと言わせて以来、ずっと貝殻愛が続いているのだというから面白い。

今年の8月12日に来日したレディー・ガガが貝殻ビキニを彷彿とさせる衣装で登場したのにも「パクられた」と言ったとか。それぐらい武田久美子と言えば貝殻というわけだ。だが、こんなのをいちいち覚えているのは40代以上の人だけなんではないかな。

もちろん私もあの当時の衝撃はよく覚えている。武田久美子がそれほど好きだったわけではないが、人気がちょっと落ちてきた頃に衝撃ヌード写真集を出したアイドル、ということで覚えているのだ。まだ当時はグラビアアイドルという言葉が一般的ではなかったので、普通にアイドルが脱いだ!という宣伝だったが、今なら最初から脱ぎそうなアイドル扱いなんではないかな・・・。

あれ以来ずっと貝殻イメージで語られるのだから、本人も嫌かなと思っていたがそこはプロ。最近出演した有吉反省会で「ずっと貝殻が好きで、貝を食べるのも大好き」というのだからさすが。その流れで北海道紋別市のホタテ貝キャンペーンガールになったという。

なお、ホタテ貝キャンペーンガールになるのは有吉反省会の「禊のお時間」で命じられた契(罰ゲームみたいなもの)なので、ノーギャラだとか。市内各地に貼りだされるポスターや宣伝動画なども撮影。完成品はしっかりと仕事をしている武田久美子を見られる。

 やたらフェロモンムンムンの動画は必見かも。40代でこの色っぽさなら悪くない(笑) というか21歳の頃より今の方が良さそうというのは私の個人的感想である。

離婚協議中のアメリカ人男性との調停などいろいろ問題も抱えているそうだが、同世代として今後も貝づくしで頑張ってほしい。

-80年代, 芸能
-, , , ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.