お笑い芸人 芸能

認定漫才師50組決定 ザ・ぼんちは本当に面白かったのか?

更新日:

news_header_the_manzai_2014_top

THE MANZAIで来月10月と11月に実施される「本戦サーキット」に出場する認定漫才師として、予選を勝ち抜いた芸人50組が見事に選抜された。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140905-00000351-oric-ent

『THE MANZAI 2014』認定漫才師50組 コンビ名(結成年)
■アキナ(2012年)、阿佐ヶ谷姉妹(2007年)、囲碁将棋(2004年)、ウエストランド(2008年)、S×L(2008年)、LLR(2002年)、エレファントジョン(2004年)、学天即(2005年)、かまいたち(2004年)、クロスバー直撃(2002年)、コマンダンテ(2008年)、サカイスト(1998年)、ザ・ぼんち(1972年)、さらば青春の光(2008年)、三四郎(2005年)、三拍子(2001年)、磁石(2000年)、霜降り明星(2013年)、ジャングルポケット(2007年)、笑撃戦隊(2007年)、湘南デストラーデ(2009年)、スピードワゴン(1998年)、ダイアン(2000年)、ダイノジ(1994年)、田畑藤本(2008年)、チーモンチョーチュウ(2001年)、トータルテンボス(1998年)、トップリード(2001年)、トレンディエンジェル(2005年)、流れ星(2000年)、なすなかにし(2001年)、2丁拳銃(1993年)、ニューヨーク(2010年)、博多華丸・大吉(1990年)、馬鹿よ貴方ハ(2008年)、浜口浜村(2003年)、ハライチ(2005年)、藤崎マーケット(2005年)、POISON GIRL BAND(2000年)、マシンガンズ(1998年)、三日月マンハッタン(2002年)、見取り図(2008年)、ムニムニヤエバ(2013年)、モグライダー(2009年)、ゆにばーす(2013年)、吉田たち(2007年)、レイザーラモン(1997年)、ロシアンモンキー(2001年)、ロングコートダディ(2008年)、和牛(2006年)

M1、R1、キングオブコントのようなお笑いの賞レースが好きな自分としては、知った名前もあれば全く知らない名前もあるというメンバー。オッサンとしてはやはりベテラン勢には期待してしまうので、応援したいのは、スピードワゴン、トータルテンボス、博多華丸・大吉、藤崎マーケット、レイザーラモンあたり。

特にトータルテンボスは2007年のM1で2位だった時のネタが結構好きで、あの時はサンドイッチマンが優勝したのだが、相手が悪かったなぁ、と今でも思う。その後あまり活躍しているわけでもないので、このザ・マンザイでなんとか再ブレイクのきっかけを掴んでくれればうれしいな。

レイザーラモンは昨年漫才で実力のあるところを見せつけるといいつつ、かなり寒い結果となっており、奮起を期待したい。RGのギャグとか好きなんだけど、漫才だとイマイチなんだよな・・・。

スピードワゴンなんとなく頑張って欲しいです。藤崎マーケットは「ラララライ」のネタがうちの小学生の子供たちが大好きだったコンビなので、もう一度スポットライトが当たって欲しい(笑)

博多華丸・大吉は安定したネタなので、オッサンにはちょうどいい(笑) ぜひぜひ決勝で見たい。

ザ・ぼんちは私が中学生の頃の漫才ブームでブレイクしたコンビだけど、当時からさほど笑えない・・・というコンビだった記憶がある。漫才より歌手としての活躍の方が覚えてるぐらい。今や大御所で、時々テレビで見ても特に面白いことはなく、周りの若手やスタッフが配慮して笑っている雰囲気なので、決勝までは出て来られないだろうな。

というオッサンの感想だが、マニアックなお笑い好きではないので、優勝候補とかは全くわかりません。

-お笑い芸人, 芸能
-, , , ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.