クルマ

トヨタMIRAI 燃料電池車FCV発表 発売日は2014年12月

投稿日:

mirai-f

トヨタがずっと開発を続けてきた燃料電池車の車名が「MIRAI」と決まり、車体等が発表された。「MIRAI」はもちろん日本語の「未来」からとったもので、CO2を排出しないクリーンなエネルギーで素晴らしい未来を作ろうということだろう。

FCVとは「Fuel Cell Vehecle」の略で燃料電池車というもの。搭載した燃料電池から水素または改善水素を燃料とし、空気中の酸素と化学反応させて発電し、それでモーターを駆動して走る車のことである。化学反応によって発生するのは水蒸気だけで、大気汚染の原因となる二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOx)、炭化水素(HC)、一酸化炭素(CO)、浮遊粒子状物質(PM)はまったく排出されない。

時々、水素ステーションで水素を補充しなければならず、とりあえずトヨタのサイトでは東京、愛知、大阪、福岡周辺に水素ステーションが用意されることが発表されている。とりあえずはこの圏内で売るつもりなのだろう。なお、水素の補充は約3分で終了するそうなので、現在のガソリン満タンと大差ない時間で水素満タンが完了するわけだ。ちなみに航続可能距離は約300マイル(482km)と米国では発表されている。当面の燃費はちょっと厳しそうだが、いずれは現行の車と変わらないレベルになるという。

mirai-r

水素と聞くとなぜか水素爆発を思い出され怖いんじゃないかと思われる方も多いだろうが、そこはトヨタ。水素のタンクは超強靭に作り、何かあっても安全を最優先に設計している。また、水素には勘違いも多く、危険度で言うと今のガソリン車の方が爆発しやすいのだそうだ。

MIRAIの発売は2014年12月が予定されており、価格は700万円ほど。これに政府からの補助金が200万円ほど出るそうなので実質は500万円とか。500万円でもかなりの高価格帯だが、それに負けない内装、装備等高級車並みのクオリティになるそうだ。

当初は公官庁向けに販売していき、一般向けには月20台程度しか売らないとか。にもかかわらずすでに購入希望台数は1000台近くに達しているそうだ。しばらくはセレブ御用達のクルマになりそうだ。

-クルマ
-, , , , , , ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.