ビジネス 生活

トリクルダウンとは? 2014年流行語大賞ノミネート50語

投稿日:

trickle-down

2014年流行語大賞のノミネートワード50語が発表されていたが、その中に聞き覚えのない言葉があった。「トリクルダウン」である。トリクルダウンとはなんだろう・・・今年流行ったかな・・・。

トリクルダウン(trickle-down)とは経済理論のひとつで、「富める者が富めば、貧しい者にも自然に富が滴り落ちる(トリクルダウン)する」というものである。アベノミクスのベースになっているという経済理論らしいが、実証はされておらず、トリクルダウンで経済が本当にうまくいくのかどうかはわかっていないとされている。過去に米国でロナルド・レーガンがいわゆるレーガノミクスという経済政策を行った時に支持者と反対勢力の両方がよく使った言葉らしい。

今年のアベノミクスを論評する際に使われた言葉というが、一般大衆にはあまり聞き覚えがないような気もする。そもそもアベノミクス自体が安倍とエコノミクスの造語で、昨年2013年の流行語大賞トップ10となっている。アベノミクスといえばつい昨日も会見で使っていた「三本の矢」の方が有名ではないだろうか。

第1の矢:大胆な金融政策
第2の矢:機動的な財政政策
第3の矢:民間投資を喚起する成長戦略

というものである。先日の黒田砲で株価が暴騰したこともあり、少なくとも第1の矢は成功している気がするが他はどうだろう・・・。早いところ庶民にも富がこぼれ落ちてくることを天を仰ぎながらお待ちしております。

-ビジネス, 生活
-, , , ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.