事件・事故

北海道遠軽町でオオカミ犬に千葉県南房総市の50代全裸女性が噛み殺される?

投稿日:

wolf-dogs

なんとも不可解な事件が起きた。北海道遠軽町丸瀬布上武利の一般住宅に併設された犬用のケージの中で女性が死亡したそうだが、女性は噛まれた痕があり、ケージの中には4匹の大型犬がいたという。ドッグランという報道もあったようだが、実際は「10メートル四方のスペースで高さ2メートルのフェンスに囲まれているようなケージで、その中に4匹の大型犬だからかなり犬にとっては狭い場所だろう。

この家の主人は50代の男性で、ブリーダーをしているという。家をしばらく空けるため、この死亡した知人女性に犬の世話を頼んだらしい。おそらく女性も犬好きなのだろう。わざわざ千葉から北海道まで来るというのも不可解だが、いろいろと理由は考えられる。

また、この4匹の大型犬は報道によると狼と犬のミックスであるオオカミ犬のようだ。別名ウルフドッグ。かなり凶暴で、小さい頃から飼って手なづけていても成犬になると手に負えないような凶暴さを発揮する個体もいるそうだ。実際に事件後に警察が現場に到着した時も暴れまくって大変だったそうだ。ウルフドッグは高値で取引されるらしいので、ブリーダーにとっても旨味のある商品なのだろう。

また、報道によると女性は全裸で死亡していたとのこと。全裸で餌をやりにケージに入ったのだろうか? それともTシャツ短パンのような薄着で入って、オオカミ犬に襲われた際に服から下着からあらゆる布が引きちぎられてなくなってしまったのだろうか? 犬好きに言わせると、匂いの染み込んだ靴下や下着などの衣類は犬の大好物ということで、喜んで食べてしまうらしいので、被害者の衣類を全部食べてしまった可能性は大いにある。

北海道では放し飼いの犬が多いらしいので、なんらかの意識改革をしないと今後も何か似た事件が起きてしまうかもしれない。

-事件・事故
-

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.