事件・事故

山田浩二は福島原発除染作業に従事し、大阪へ帰省中に事件 FBも更新

投稿日:

yamada-kouji-fb

大阪府高槻市の中学生2名が殺害された事件で、逮捕された山田浩二容疑者は、福島原発での除染作業に従事しており、大阪へは夏休みとして帰省中だったことがわかった。

勤務先は関東地方にある会社で、先月から勤務していたという。この勤務先から福島原発へ派遣される契約だったそうだ。契約期間は3ヶ月で、給料は1日1万5000円の日当制。休みの日は車でパチンコ店などへ行く生活だったそうだ。

関係者によれば除染作業は初めてではなく経験者という感じだったというから、以前から除染作業は定期的にしていたのかもしれない。

最近の勤務スケジュールは、8月12日~16日まではお盆休み。この期間に帰省して、8月13日に事件を起こしたと思われる。フェイスブックには8月14日に「早ければ今夜にでも大阪出発するので最後の大阪を満喫‼」と投稿。8月15日にも「幕張のカレー屋さん‼」と投稿。これは福島に帰る途中に立ち寄ったのだろう。サマソニに行ったようだ。

殺人という重大事件を起こしたとは思えないのほほんとした書き込みで、一体どんな気持ちで背活をしていたのだろうか。

17日~19日は福島で除染作業。20日と21日は休みを取り、22日も休むと会社には連絡を入れていたという。

勤務先の福島県二本松市の寮では同僚が山田容疑者と一緒にテレビでこの事件を伝えるニュースを見たとのこと。おそらく17日~19日の間だろう。山田浩二容疑者は「家の近くだ」「まだ見つかっていない男の子の犯行かもしれない」などと同僚に語ったそうだ。

車を使った犯行であることが明らかだったにもかかわらず、中学1年生の星野君の犯行かもしれないなどと言うあたり、ちょっと知能が低すぎるのではないだろうか。その時に一緒に居た同僚はそこには突っ込まなかったのだろうか。

-事件・事故
-,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.