ビジネス

山本みずき慶応大学生が産経新聞「iRONNA」の可愛すぎる編集長に

投稿日:

yamamoto-mizuki

「iRONNA(いろんな)」とは産経デジタルが新しく展開するオンラインのオピニオンメディアである。産経新聞だけでなく、小学館、新潮社、PHP研究所、ウエッジ、WACなどとも提携し、今年の10月1日にオープンした。そのサイトの編集長として抜擢されたのが19歳の女子大! しかも黒髪眼鏡っ子の美人JDということで可愛すぎる編集長としてネットで話題になっている。

もちろん、単に美人なだけで新しいサイトの重責を担えるわけもなく、当然実力も備えている。なにしろ、慶応大学法学部2年生というだけでなく、産経新聞社の雑誌『正論』5月号(2013年4月1日発売)の「18歳の宣戦布告ー国家観なき若者に告ぐ」と題した論文が話題を呼び、第六回真の近現代史観懸賞論文を同論文で優秀賞受賞している。若干19歳にして論壇デビュー。

もちろん、急に世に出たわけではなく、福岡の筑紫女学園高校時代からボランティア活動団体の立ち上げ、国連で世界的な軍縮を訴えるスピーチを英語で行うなど、その活動は多岐にわたる。2012年にはボランティア活動等の取り組みが評価され国際的な賞も受賞している。

yamamoto-mizuki2

ブログ、フェイスブック、ツイッターなども定期的に更新しており、ネットネイティブ世代の言論人といったことか。もちろん、ネット上にも言論人はたくさんいるが、10代というのはさすがに新鮮。これからどのような訴えをしてくれるのかたのしみである。

ちらっとフェイスブックを覗いたら彼女の爆笑? 悲惨?な体験を見つけた。なんと6歳の頃、船から海に落ちたそうだ。もちろん助けてもらったので、今があるわけだが、なかなかの体験。その時助けてくれた船長と12年ぶりに再会したという記事が掲載されていた。

ちなみに、このサイトには山本みずきさんだけでなく他にも編集長がいるようだ。「iRONNA」いろんなだけにいろんな編集長が・・・

http://ironna.jp/theme/62

-ビジネス
-, , , , ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.