生活

夜ノヤッターマン来年1月公開 夜のドロンジョ様は?

投稿日:

yatta-man

タイムボカンシリーズのヤッターマンがリニューアルされ帰ってくる。昭和の頃から人気のアニメシリーズだけにこれまでもたびたびリニューアルが行われ、アニメ版だけでなく、2009年3月には実写版の映画まで公開している。

実写版では、主人公の高田ガンを嵐の櫻井翔が演じ、ヒロインの上成愛を福田沙紀が、ロボットのオモッチャマはセクシー声優のたかはし智秋が声を担当した。敵役のドロンボー一味の方は、ドロンジョ様は超セクシー衣装の深田恭子が、ボヤッキーは生瀬勝久が、トンズラーはケンドーコバヤシが演じるという豪華なキャストだった。

夜ノヤッターマンは来年の1月に東京MX系で放映開始。放送時間は深夜とだけ発表されている。深夜でヤッターマンとなれば、これはムフフなストーリーとセクシーなキャラクターイメージが想像できそうである。

公式サイトにまだ情報はほとんどないが、キービジュアルとしてボヤッキーとトンズラーらしき男の画像が掲載されており、明らかに子供向きではなさそうな絵柄である。

 

ストーリー
辺境の地で、海峡の向こうを見つめる少女がいた。そこはヤッター・キングダム。正義の味方ヤッターマンが支配する、天国のような国だといわれている。
少女は、病気の母を助けてくれるようにヤッターマンに頼もうと、ヤッター・キングダムに上陸しようとするが、追い払われ、母は手の施しようがなく逝った。
ドロンボー。それはかつて存在した大泥棒の一団である。ドクロベエというボスの下、ドロンジョという美女がいた。その美女につかえていたのが、ボヤッキー、トンズラーというふたりの男。ドロンボーはヤッターマンと敵対し、戦いに敗れ、辺境の地へ追放されたのだった。
これは、新たな世代のドロンボー──、ドロンジョ・ボヤッキー・トンズラーと、新たなヤッターマン──、ガンちゃん・アイちゃんの誕生を描く物語である。

 

ストーリーはオリジナルのヤッターマンをベースに、タツノコプロの若手スタッフが意欲的に変更。「波打ち際のむろみさん」「ガッチャマンクラウズ」など新たなキャラクターも登場してくるそうだ。もちろん、ボロンボー一味のドロンジョ様、ボヤッキー、トンズラーなども登場するのは間違いない。

夜のヤッターマンではなく、夜ノヤッターマンというところに何やら秘密がありそう。楽しみだ。

http://yatterman.jp/

-生活
-, , , , , , , ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.