生活 神奈川県

ビーチ規制で逗子は客半減苦情ゼロ 鎌倉は1割減苦情2倍

投稿日:

Zushi_Beach
9月になり湘南ビーチの夏が終わった。ビーチの「クラブ化」規制で日本一厳しい条例とした逗子は利用者が半減したが、苦情はゼロになり治安は改善。一方隣の鎌倉はマナーの向上を訴える程度に止め、利用客は1割減となったものの晴天日の1日あたりの客は2割増(今年の夏は曇りの日が多かったし)。その代わり苦情が前年の2倍となって、風紀の乱れは改善しなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140903-00000064-san-l14
(産経新聞)

http://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/keizai/umi/p05594.html
(逗子市:安全で快適な逗子海水浴場の確保に関する条例及び施行規則)

逗子のクラブ化規制といっても大音量の音楽や刺青の禁止などで割と一般的な海水浴客としては行かなくなる理由がないのだが、お客さんは半減しちゃうんだね。ビーチでお酒を飲めないのはちょっと厳しいかな。

ただ、輩のいない平和で静かな海になったという側面は確実にあり、twitterなどでも「逗子のビーチは癒やされる」というつぶやきも多いことから、今後「静かな逗子ビーチ」というのが定着すれば確実に利用客は増えるだろう。そして、わざわざ逗子を選んで行く客はワケのわからない不良客ではなく、上客だろうから、きっとお金も落としてくれるに違いない。今年はまだ認知度が足りないけど、この方針を続けていってみんなに知れ渡ったら、絶対にこの方針はありだね。

そして、湘南のビーチは一度話し合う場を設けて、それぞれの役割分担を決めたほうがいいね。全部が全部逗子ビーチのようになる必要はないので、規制によって遊びに来る客を選んだ方がいい。逗子市、鎌倉市、藤沢市、神奈川県が会合の場を設けてさ。

材木座、由比ヶ浜、七里ヶ浜、腰越、江ノ島東、江ノ島西、あたりのいわゆる湘南ビーチはそれぞれが個性を打ち出して、ここは家族連れ推奨、ここは音楽好き推奨、ここはナンパ野郎推奨、みたいな。

私は来年、逗子の砂浜に子供を連れて行こうと思う。

-生活, 神奈川県
-, , , , , ,

Copyright© マンデーモーニングブルー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.